バーサルバドールへようこそ!

東京高田馬場にあるバーのブログです、お酒の事はもちろん、様々な日常を綴っていきたいと思います

スコットランド独立否決へ

イメージ 1
ここ最近の話題を独占していたスコットランド独立問題ですが、反対派が上回り否決されるようです。
 
賛成派ショーン・コネリーの熱烈な活動も虚しく、反対派J,Kローリング(ハリーポッター作者)等の思惑に屈してしまったようです。
当初から反対派が上回るのは予想されていましたが「もしかして」という期待感が賛成派を煽っていたようです。
 
キャメロン英首相もスコットランドに赴き「Let's  Stick Together !」と演説していたのは結構笑えました。
 
英国が誇る歌手の代表曲をスローガンに掲げ無ければいけないほど切迫していたのでしょうか。
 
当初は「Better Together !」と言っていたのですけどね。
 
 
昨晩、スコットランドから電話がありました。
 
古くからのお客様で「今、インペリアル蒸留所にいるんだけど、限定のモートラックがあるよ、買ってく?」
 
という内容でした。
 
「え、そんなことより、独立の方はどうなっているんですか?」
 
「さっき投票所に行ってきたけど、半々みたいね、半々の人数で独立っておかしいよね」
 
と言っておられました。
 
確かに国論が2分して国ができてしまうのも如何なものかと思いました。
 
そのお客様が明日、エルギンの酒屋へ行くというので、いいウイスキーがあればもう一度連絡くださいと電話を切りました。
 
ウイスキー、釣り、ゴルフ、まだまだ沢山のスコットランドの楽しみはあると思うのですが、もう少し観光地を増やしていければいいですね。
 
観光産業が盛んになっていれば、もう少し賛成派が増えていたかもしれませんね。